Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の葬儀とは

葬儀は、亡くなった人への最後のお別れの儀式です。
ですから、最後くらいは盛大に送り出してあげるという意味で、昔から葬儀は豪華にするという風潮が日本ではありました。
しかし、ここ数年でその風潮に変化が訪れました、

最近では、家族だけで葬儀を行う家族葬が主流になりつつあります。
家族や親族だけで行う葬儀なので、参列者はほとんどいません。
ですから、家族や親族だけでゆっくりと故人と最後のお別れが出来るのです。

もちろん家族葬のメリットは、それだけではありません。
葬儀に掛かる費用も、通常の葬儀と比べてもかなり安く抑える事が出来るのです。
これは、葬儀の規模を小さくしている事も関係していますが、家族や親族以外の参列者がいないという事も強く関係しています。
家族葬なら参列者に気を使う事も無く、そしてそれに掛かる費用も、かなり安く抑えられるという特徴があります。

このような特徴やメリットが、現代人の葬儀には合っているという事が、最近になって証明されました。
まだ家族葬が登場して間もない頃は、批判的な意見を言う人も存在しましたが、今ではそのような人を見かける事は無くなりました。
やはり今の日本には、無駄に費用を掛けて豪華に葬儀を行うよりも、規模は小さくても心の篭った家族葬の方が受け入れられるのです。
費用の安さばかりに目が入ってしまいがちですが、その他にもメリットは沢山存在します。

おすすめ LINK